美容と健康のためにマクロビオティック生活を始めましょう!

2012年10月30日

マクロビオディックの二大原則 その1

体にやさしく、ダイエットにいい
マイクロビオディック
には二大原則があります。


マイクロビオディック
って、何か、難しそうだし、面倒かな?

と思ったら、この二大原則を実行を心がけるだけでも、マイクロビオディックを簡単に実践でき、健康食生活を楽しめるかなと思います。


身土不二(しんどふじ)と
一物全体(自然の恵を残一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと)です。


その一つ身土不二とは

暮らす土地の旬のものを食べること

人間も植物も生まれた環境と一体という考えをマクロビオティックはしています。


暖かい地域や季節にとれる食材には体内の熱を下げる働き、
寒い地域や季節でとれる食材には体内を温める

働きがあります。


四季のある日本では、季節ごとの旬の食材をとることで、からだのバランスがとれるという考え方です。だから健康ダイエットに効果があるのかなと思います。
  
似たような意味の言葉で地産地消という言葉かな?
私なりの解釈では似たような気候の食材でもいいと思います。

必ずしも、地元の食材となると手に入らない・・・ということもありますよね。


暮らす土地でとれた野菜を積極的につかうと、その野菜が新鮮でからだに良いだけでなく、
野菜の物流に伴い排出されるCO2の削減にもつながります。


日本の伝統食がお手本のマイクロビオディックダイエットによさそうですよね。

 
posted by マクロビオティック大好き at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオディックの二大原則 その1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。